オススメリンク

税理士について

納税する人

税理士とは、税金を支払う額などを調整してくれる職業であり、個人で経営している人にとってはなくてはならない職業です。
例えば飲食店を経営している人が自分で税金の管理をしようとしたらそれはとても大変なことですが、税理士を通せばかなり簡単なこととなります。
会計士という職業もそうした意味では企業の味方です。

会計士は会計の専門家であり、企業の中で生きていくためには会計士はいなくてはいけないものとなっています。
会計士がいることで、専門的に会計について向き合うことができ、会計士がいることで、簡単に会計をすることができるようになります。
そうした機関に相談をするパターンもありますし、専属として延長してやり続けてもらうこともあります。
ただし、窓口として開いているのは相談ですので、まずは相談をしてみないことには始まりません。
相談をしていい会計士や税理士だなと思ったら、そこで相談をして、専属として雇ってみればいい話です。
企業に勤めている人でもダブルワークを行っている人は相談をする価値はありますので、そうした人も一度相談してみる価値はあります。

税理士というのは、そのお店や企業の税金を管理するのですから、大変な仕事であり、重要な仕事です。
ミスをすることは許されない職業となってます。
しかし、その重要性から税理士になると安定した収入を得られることが多いです。
税理士はくいっぱぐれのない職業であり、税理士は社会から必要とされているのです。

税理士に相談しよう

お金の計算

会計の専門家としてよく取り上げられ税務相談を行っているのは公認会計士ですが、税理士は税務相談を中心に業務を行っています。

税理士になるためには、税理士試験を合格するまたは、免除されたものであることや弁護士もしくは公認会計士であることが必要です。

主な業務内容は5つです。
まず一つ目は、税務代理で税務調査や処分に対する主張について代理を行うことです。
二つ目は税務書類の作成で、税務に関しての知識は勉強をきちんと行っていなかった人には難しいため税務署に対して提出する書類を代わりに作成します。
三つ目は税務相談で、主に税金の仕組みや節税についての相談です。
四つ目は、会計業務で、これは公認会計士と同様に財務諸表の作成を行ったり財務に関する業務を行うことです。

以上に述べたように、税理士はあらゆる税についての業務をこなしているため、税金のことで困ったことがあればいつでも頼りになる存在です。
また、税理士にしか行えない業務もいくつかあるため相談をし納税者にとって有意義な納税申告が可能になるでしょう。

企業の経理、税金の専門家としての資格には、税理士と公認会計士があります。
業務の違いはあまり認知されていませんが、税理士の方が一般的に名称が知られています。
どちらも依頼されて会計に関する業務、それに付随する相談、会計書類の作成を行いますが、企業から見ると公認会計士は外から第3者として業務を行い、税理士は企業内部に寄り添って業務を行うということが出来ます。
公認会計士の一番大切な業務は監査です。
企業内の会計処理や、作成した書類が法律に照らして適正なのかどうか判断する仕事で、依頼された企業に有利に処理することはありません。
企業の数字は投資家などの判断材料として適正である必要がありますので、企業にとって不利な条項も正しく法律どおりに処理する必要があります。
どちらかといえば大企業から依頼されるケースが多く、相談業務は別として、監査業務では、扱う金額が大きくなります。
税務書類を正しく作成するのは同じですが、企業からの相談で節税対策を行うのが税理士です。
会社だけではなく、個人の確定申告などの相談を受けるのも税理士の方が一般的です。
公認会計士は、登録するだけで税理士を名乗る事が出来ます。
公認会計士はあまり有名でないことから、事務所を維持するために、仕方なく税理士の仕事を中心に行う人もいます。
外国では二つの資格を分けていないところもありますし、仕事は似ていますから、日本でも統合される日が来るかもしれません。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

September 2014
M T W T F S S
« Jul    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930